FOLLOW US

「改善点はあるが」…先制弾の大迫勇也、初白星に喜び「今日の勝ち点3はポジティブに」

大迫のゴールで日本が最終予選初白星 [写真]=JFA

 FIFAワールドカップカタール2022アジア最終予選第2節中国戦で決勝点を挙げたFW大迫勇也が取材に応じた。

 大迫は「難しい試合でしたし、ただの1試合ではなく最終予選になると固さも出るし、初戦負けてしまった中での試合だったので、素直に今日は勝ちを喜びたいと思います」と振り返り、最終予選の試合の重みを口にした。さらに「まだまだ改善点はありますけど、この勝ち点3でチームがまた来月勢いに乗れればと思います」と加えて気持ちを切り替えた。

 相手が堅い守備を敷く中で、前半40分に右サイドの伊東純也から鋭いクロスが入ると、すかさず合わせてゴールをこじ開けた大迫。得点シーンについて「もどかしい時間が続きましたが、焦らず、あの状況だと相手の方がしんどかったと思うので、チャンスをしっかりと決めきろうとだけ考えていました」と振り返った。

 一方で、1得点に終わり追加点を奪えなかったことも課題の一つに挙げられる。大迫は「初戦を落としているので、チームとしてもここは絶対に勝ち点3を取りたいという想いが強すぎた部分もあると思います」と応じた。それでも「この勝ち点3で、次相手がサウジアラビアですが、プレッシャーもかけられると思うし、しっかり勝てればまた上に立てると思うので、今日の勝ち点3はポジティブに考えられると思います」と続け、あくまで今日の勝利を次に繋げることを考えているようだ。

 10月の代表戦に向けて必要なものを問われると、「個人の問題なので僕がとやかく言う必要はないし、僕は神戸で結果を残さないと代表に呼ばれないと思っているので、そこは危機感を持ちながら自分のプレーを出していきたいと思っています」と気を緩めなかった。

 代表での立ち位置が“ベテラン”となった大迫は、1戦目で「観客制限もあり、声援も送れないという(これまでの)独特の雰囲気がなかったので、そこはしっかり経験がある選手が締めないといけなかったし、フワっと入ってしまったことが一番の敗因だと考えています」と反省。2戦目は「無観客でしたけど、危機感をしっかりチームで持てるように」と考えて試合に臨んだという。大迫は「責任感と覚悟は代表の試合、最終予選となればなおさら」と語り、自分にもプレッシャーをかけて活動すると気合を入れて第3戦を見据えている。

 日本代表は10月7日、12日にサウジアラビア、オーストラリアとそれぞれ対戦する予定となっている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO