FOLLOW US

死力を尽くすもスペインに惜敗…JFA田嶋会長「今日の試合は必ず意味のあるものに」

死力を尽くすもスペインに惜敗した日本 [写真]=Getty Images

 日本サッカー協会(JFA)の田島幸三会長が、3日に行われた東京オリンピック準決勝のU-24日本代表対U-24スペイン代表戦を振り返った。

 試合は序盤からボールを握るスペインと、粘り強く守りながらチャンスをうかがう日本という展開に。スペインの押し込む時間が続くが、守備陣の体を張った活躍もあり日本は無失点で耐え、試合は延長戦に突入する。しかし115分、マルコ・アセンシオに得意の左足での一撃を許してしまい、そのまま0-1で敗戦。日本は初の決勝進出を逃した。

 田嶋会長はまず、「中2日の5試合目というかなり疲労が蓄積して体力的には厳しい中で、両チームともに持てる力を出し尽くした試合でした。素晴らしい試合をしてくれた選手たちに感謝したいです」と、準々決勝のニュージーランド戦から2試合連続で延長戦を戦い抜いた選手たちに労いの言葉をかけた。

 同会長は続けて、次のようにコメント。将来を見据え、次のように試合を総括している。

「世界のトップにどのようにすれば今の日本が勝てるのか、という共通理解のもとに試合を進めてくれましたが、スペインが一枚上手だったということを認めなければなりません。スペインは2010年ワールドカップで優勝するまでヨーロッパの中で何度も悔しい経験を積み重ねてきて今があります。これから日本が世界のトップと伍して戦い、その壁を乗り越えていくために、今日の試合は必ず意味のあるものになるはずで、サッカー界全体で不断の努力をしていかなければなりません」

 53年ぶりのメダル獲得をかけて、6日の3位決定戦ではメキシコと対戦。田嶋会長は「中2日でのメキシコ戦に向けてしっかりとリカバリーをして銅メダルを目指して欲しいです。引き続き代表チームへの応援をよろしくお願いいたします」と引き続きの応援を呼びかけている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO