FOLLOW US

森保監督、NZとの激闘制した選手たちを称賛「粘り強く戦い抜いてくれた」

森保一監督(写真はGS第3節フランス戦) [写真]=Getty Images

 U-24日本代表を率いる森保一監督が、31日に行われた東京オリンピック男子サッカー競技の準々決勝U-24ニュージーランド代表戦を振り返った。

 日本はなかなか試合の主導権を握れない苦しい展開となり、複数の決定機をモノにすることができず。延長戦を含めた120分間はスコアレスに終わり、試合はPK戦へと突入した。それでも、日本はGK谷晃生が相手の2人目をストップすると、4人目までのキッカーが全員成功。4-2でPK戦を制し、2大会ぶり3度目となる準決勝進出を果たした。

 森保監督は試合を振り返り、次のようにコメント。ニュージーランドの粘り強さに苦しめられながらも、最後の瞬間まで集中を切らさなかった選手たちに労いの言葉をかけた。

「できれば90分でゴールを決めて勝ちたいところでしたけど、ニュージーランドも非常にいいチームで、粘り強く戦ってきました。なかなかゴールをこじ開けられない展開の中、ピンチもいっぱいありましたけど、選手たちが無失点に抑えながら勝利を目指して戦ってくれました。そのことが、最後のPKでの勝利につながったと思います」

「こじ開ける部分ではカウンターからチャンスを作っていました。ボールをつないで、なかなか中央から行けなかったですけど、サイドから決定的なシーンを何度か作ったりできました。相手も粘ってプレッシャーをかけてきたので、なかなか最後、決めるのが難しかったのかなと思っています」

「今日の試合、選手たちが粘り強く戦い抜いてくれたこと。PKで勝ち上がったところ、最後まで戦い抜くというところを皆さんに励ましのメッセージとして届けられたらと思います」

 中2日の準決勝では、日本と同じく延長戦を戦ったスペインと対戦。森保監督は「次のスペイン戦も非常にタフな試合になると思いますけど、選手たちがこれまでやって来てくれたように、タフに粘り強く、チーム一丸となって最後まで戦い抜くことをチームで共有したい。見て下さっている方々にも伝えながら、勝って、決勝に進みたいと思います」と、次戦への意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO