FOLLOW US

日本、3連勝で決勝T進出決定! 久保建英が3戦連発…グループ首位通過

久保建英が3戦連発 [写真]=Getty Images

 東京オリンピック男子サッカー競技一次ラウンド・グループA第3節が28日に行われ、U-24日本代表とU-24フランス代表が対戦した。

 第1節でU-24南アフリカ代表、第2節でU-24メキシコ代表を下し、一次ラウンドで唯一の2連勝を飾った日本は冨安健洋が先発に名を連ね初出場を果たした。ここまで2戦連発の久保建英もスタメンで出場。3試合連続となるゴールに期待がかかる。

 決勝トーナメント進出には勝利が絶対条件のフランス代表が序盤から攻勢に出る。アンドレ・ピエール・ジニャクを中心に攻撃を組み立てるが日本も復帰した冨安、オーバーエイジ枠の吉田麻也、酒井宏樹が壁となりゴールを許さない。

 すると27分、日本が先制に成功した。田中碧の縦パスを受けた久保のスルーパスに反応した上田綺世が強烈なシュートを放つ。これはGKに阻まれたものの、こぼれ球に詰めた久保が左足を振りぬきゴール。久保はこれで3戦連発となった。

 続く34分、日本が追加点を挙げた。久保を起点に上田がシュート。これは枠をとらえたがまたも守護神ポール・ベルナルドニが好セーブ。しかしこぼれたところを走りこんだ酒井が詰め、リードを2点に広げた。

 後半開始早々フランスが好機を迎える。右サイドからのクロスをエリア内で待ち構えたジニャクが直接蹴りこみシュート。これは惜しくも枠を逸れた。56分には日本にチャンスが訪れた。交代で入った橋岡大樹が右サイドを突破。クロスを上げると中央に旗手怜央が走り込み頭で合わせた。うまくスペースを見つけフリーでシュートを放ったが難しい体制からのシュートは枠をとらえることができない。

 70分、フランスの猛攻を耐えきった日本が貴重な追加点を決めた。上田が落としたボールを旗手がペナルティエリア左で受け、中央にパス。このボールに反応した三好康児が狙いすましたシュートを放つとこれがGKの手の横を抜け、ネットを揺らした。

 続く72分、ランダル・コロ・ミュアニがライン際でボールをキープする三好の足を踏みつけてしまい、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入の結果レッドの判定に。勝利を目指すフランスに逆風となる数的不利となった。

 数的有利となった日本は90分にカウンターから前田大然がとどめの一撃を突き刺し、4-0で勝利。グループ唯一の3連勝を飾った日本はグループAを首位で通過した。準々決勝は31日に行われ、日本はU-24ニュージーランド代表と対戦する。

【スコア】
U-24フランス代表 0-4 U-24日本代表

【得点者】
0-1 27分 久保建英(日本)
0-2 34分 酒井宏樹 (日本)
0-3 70分 三好康児(日本)
0-4 90+1分 前田大然(日本)

【スターティングメンバー】
日本(4-2-3-1)
谷晃生;酒井宏樹(55分 橋岡大樹)、吉田麻也、冨安健洋、中山雄太;遠藤航(72分 板倉滉)、田中碧(80分 前田大然);堂安律(72分 相馬勇紀)、久保建英(45分 三好康児)、旗手怜央;上田綺世

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO