FOLLOW US

東京五輪で白星スタート…堂安律「何とか勝ち点3、いい雰囲気で2戦目に」

U24日本代表の堂安律 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表MF堂安律が、22日に行われた東京オリンピック初戦のU-24南アフリカ代表戦を振り返った。

 自国開催で初の金メダルを目指す日本は、ブロックを敷く南アフリカの守備に苦しめられたものの、71分に久保建英がカットインからネットを揺らして先制点を獲得する。この1点を守り切り、辛くも白星発進となった。

 試合を振り返った堂安は「難しい形になりましたが、何とか勝ち点3取れてよかったですし、いい雰囲気で2戦目に向かえると思います」と安堵感を口に。また、決勝点を挙げた久保については、「『2人で引っ張っていこう』と話していました。彼が決めてくれて、チームを助けてくれて感謝しています」と語った。

 南アフリカの印象については、「彼らの勝負にこだわる気持ちは海外特有のメンタリティを感じました。僕たちもまだまだ技術を上げていかないと、崩していくのは難しいと思いました」とコメントした堂安。それでも、「HTにチーム全体で焦れるなと声はかけていたので、問題なく、最後まで焦れずに攻撃で来たので、あまり焦りはなかったです」と振り返った。

 堂安は最後に、今後に向けての意気込みを示した。

「まだまだ始まったばかりですけど、すごく短期決戦だと思うので、ここから勢いを持って、チームに貢献できるように頑張りたいです」

 次節は25日に行われ、日本はU-24フランス代表を4-1で下したU-24メキシコ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO