FOLLOW US

森保一監督、U24スペイン戦の内容に手応え「非常に良い試合を経験」

U24日本代表の森保一監督 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表を率いる森保一監督が、17日に行われたキリンチャレンジカップ2021のU-24スペイン代表戦を振り返った。

 金メダル候補のスペインを相手に守勢が続いた日本は、前半終了間際に少ないチャンスを堂安律がモノにして先制。後半大きくメンバーを入れ替えてからも耐える展開が続いたが、78分に右サイドから崩されて追いつかれ、東京オリンピック前最後の強化試合は1-1の引き分けに終わった。

 森保監督は試合後のメディア対応で次のように試合を振り返った。

「スペインに押し込まれる時間も長くありましたが、その中で選手は粘り強く得点チャンスをうかがう戦いをしてくれました。五輪では金メダルという目標の中、厳しい戦いが待っているということ、多くの選手がレベルの高い相手との戦いを経験できました。五輪に向けて、非常に良い試合を経験させていただきました」

「攻められましたが、個の面でしっかり責任を持って守るところと、制限して守るところは相手の嫌がる、こちらの守備の武器として戦える感覚を選手には持ってもらえたと思います」

「試合全体を通して、監督・スタッフの指示待ちで対応するのではなく、状況に応じて、理想と現実を把握しながら、選手でコミュニケーションをとって対応してくれた。選手のコミュニケーション能力、修正能力は、五輪でもより発揮してもらえるように準備していきたいです」

 2点目が取れなかったことについては、「ホンジュラス戦も前半で決めるチャンスがあったが、その反省を持って臨みました。1-0になってからチャンスを作ることはある程度出来たと思いますが、仕留める、決定力の部分は選手に求めたいです。失点後、速攻ができなかったとき、動かしてサイドに起点を作るなど、工夫をして戦ってくれたことは、本大会で仕留めることにつながれば。交代も多く、イメージの共有が難しいところもあったと思いますが、一つ二つ相手のプレッシャーを外して、決定機を作ってくれるよう、攻撃のクオリティを上げられるよう、準備していきたいです」と本番に向けての改善点に挙げた。

 また、本番まで1週間を切るなかのコンディションを問われると、「ホンジュラス戦で90分出た選手、長時間出た選手に関しては、間違いなく、今日はコンディションが上がっていたと思います。今日も高温多湿、滑りやすい状況で戦ったので、負荷がかかっていると思う。残りの時間の中で取り組み、状態を少しでもよくしていきたいです」と答えた。

 森保監督は最後に、6・7月の活動に手応えを感じていることを明かし、本番に向けて選手に求めたいことを次のように語った。

「6月の活動に参加できなかったが、映像を見て、スタッフにヒアリングした中での選手の成長は感じていた。実際、五輪の準備期間になり、メンタル的にもフィジカル的にもたくましくなっています。戦術の中で自分のストロングを出すことも成長しています。難しい状況の中、成長してくれたことは実感させてもらっています」

「厳しい戦いとなることは覚悟しないといけません。その中でも粘り強く戦いながら、攻撃も勇気を持ってトライすることができれば、必ず結果になると思っています。選手たちにはまず、勝つために勝利にこだわることも大切だが、持っている力を思い切って発揮することと、組織力というところを持ってやってほしいです」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO