FOLLOW US

W杯予選初失点…タジキスタンに勝利も森保監督「失点は嬉しくないが、経験値としてはよかった」

試合を振り返った森保監督 [写真]=Getty Images

 FIFA ワールドカップカタール 2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選が7日に行われ、日本代表とタジキスタン代表が対戦した。

 ここまで無傷の6連勝を収めた日本代表は、6分に古橋亨梧のゴールで先制すると40分に南野拓実が追加点。後半には橋本拳人、川辺駿に代表初ゴールも生まれ勝利した。一方で9分には予選初失点。エフソン・パンシャンベがヘディングで叩き込んでグループ2位の意地を見せた。森保監督は試合後会見に臨み試合を率直に振り返った。

「(ミスの多さは)私に原因がある。なぜなら選手をたくさん変えたから。理想はどの選手が出ても同じイメージを持てること。相手の強度もあり、全体練習が一回だったところで、パーフェクトに表すのは難しいと思って選手を送り出した。ミスがあるのは予想できた中、試合の中でチームクオリティを上げていくところを選手は粘り強く継続力を持ってトライしてくれたと思います」

「W杯へ続く道、高い目標のなかで、より多くの選手に経験をしてもらいながらW杯の道につなぐ、目標に向かっていくことは、今日の試合でも選手が共有しながらやってくれた。このことは非常にポジティブなことだと思います。どういう不測の事態が起こるかわかりませんので、選手層の幅を広げながら、より高い頂点を目指すことと、誰が出てもレベルの高い選手が代表に入れるものを持っておきながら、その時ベストの選手で勝利を掴むことは非常に大切なことだと思うので、そういう意味では選手はポジティブにトライしてくれたし、選手層の幅を広げながら、強力な最強のチームを作っていきたいです」

 失点のシーンについては「継続して無失点で来ていたので継続して試合を終え、全勝で行けるのが理想ですけど、失点してよかったということではないが、チームの経験値としては悪く無い失点だと思っています」と振り返った。続けて「いつかは失点するときもくる。失点後にどういった反発力、継続力を見せられるかというところを今日の試合で、確認できたことはポジティブにとらえています。失点は嬉しくないが、経験値としてはよかったと思います」と前向きにとらえている。

 チームは快勝を収めチームは弾みをつけているが同監督は「個のすべての力を上げることを目指してほしい」と選手に発破をかけ、「勝利することは相手があたえてくれるものではないですし、今日は勝ち点1、勝ち点を失うことにもなる相手だったと思う。そういう相手にもしっかり勝利を収めてくれた」とパフォーマンスを称賛しつつ「二次予選突破が決まっている中、勝利して満足している選手は一人もいないと思いますのでこの戦いでできたことをさらに伸ばしてほしいと思います」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO