FOLLOW US

強烈ヘッドは「無心で打てた」…結果を残した上田綺世「一つのゴールに重みがある」

1得点を挙げた上田 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表は5日、U-24ガーナ代表と対戦し6-0で勝利を収めた。吉田麻也、酒井宏樹、遠藤航のOA3名がスタメンに名を連ね“ベストメンバー”で臨んだ一戦、最前線に入った上田綺世はゴールという目に見える結果を残した。

 堂安律、久保建英、相馬勇紀と先発出場した2列目の選手が続々とゴールを奪う中、56分ついに上田がゴールネットを揺らす。左サイドを駆け上がった中山雄太のクロスに「無心で打てた」と強烈なヘッドを叩き込んだ。「僕が点を取った時はもう4-0の状況でしたけど、取れてホッとしました」と振り返った。

「今日に関してはどんどん追加点を重ねることが大事だったと思うので、その一角を担えたことは嬉しいです。もしかしたら0-0の状況であのシーンが訪れるかもしれない。一つのゴールに重みがあるので、そこに対する貪欲さは欠けてはいけないと思うし、例え4-0、5-0の状況だったとしても(ゴールを)取りにいきたい」と続けた。

 攻めては大量6得点、守ってもOA3名の安定感もあり完封。攻守両面で収穫を得た。 「前半もう一歩噛み合わないところもありながら、個も含めて得点が取れたことはチームにとって武器になると思います。本大会の時期は暑いですし、本来のパフォーマンスができないこともあるかもしれない。そういった状況を個で打開できる可能性を見せることはできた」と胸を張った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO