FOLLOW US

A代表に3失点敗戦…U24堂安律「球際のところで負けている部分もあった」

途中出場した堂安律 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表のMF堂安律が、3日に行われたチャリティーマッチの日本代表戦を振り返った。

 3日に開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表が中止になったことを受け、急きょ開催された“兄弟対決”。U-24日本代表は2分に先制を許すと、さらに2失点を喫して3点を追う展開となる。五輪世代は終盤反撃を見せたが、1点も返せずに0-3で敗れた。

 73分から途中出場した堂安は「なんとか1点返して(終わりたかった)。いい負け方というのはないですけど、1点返せばチームの士気が次の試合から変わると思ったので、個人的にチームを助けられなくて残念です」と悔しさを露わに。また、A代表と戦った感想については次のように答えた。

「お互い、コンセプトは同じですし、やりたいこともわかります。ただ、そのなかでA代表の選手たちの勝負強さというか、球際のところで負けている部分もありました。もっともっと、僕たちが勝利に貪欲にならなくちゃいけないなと思います」

 堂安は最後に、「オーバーエイジの3選手が合流して、これから徐々にチームを仕上げていけるので、しっかりコミュニケーションを取りながら、金メダルを目指して頑張りたいと思います」と今後に向けての意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO