FOLLOW US

U24のMF板倉滉、序盤の失点を悔やむも…「A代表との試合はすごくプラスなこと」

守備的MFで先発出場した板倉滉 [写真]=Getty Images

 U-24日本代表MF板倉滉が、3日に行われたチャリティーマッチの日本代表戦を振り返った。

 3日に開催予定だった『キリンチャレンジカップ 2021』日本代表vsジャマイカ代表が中止になったことを受け、急きょ行われた“兄弟対決”。U-24日本代表は2分にセットプレーからA代表に先制を許すと、さらに2失点を喫して3点を追う展開となる。五輪世代は終盤反撃を見せたが、1点も返せずに0-3で敗れた。

 先発出場し、中山雄太とボランチコンビを組んだ板倉は、試合を振り返って「最初の失点がすごくもったいなかったのが正直な感想。結果、0-3。これがすべてかなと思います」とコメント。「あそこで1点取られたことが痛かったし、なるべくゼロで進めたかった。(マークの混乱は)まだ見ていないのでわからないが、フリーだったので、見直さないといけないです」と、立ち上がりの失点を悔やんだ。

 U-24日本代表が前半途中までいい形を作れなかった原因を「相手の出方を見ていたこともあるが、距離感があまりよくなかったこと」だと分析した板倉。「前半途中から少しずつ自分たちがボールを持つ時間も作れて、テンポも出てきましたが、相手が嫌がるパスをもっと入れられればというのはあった」とも語り、「攻撃にもう少し厚みを出したい。後半はチャンスが増え、サイドの攻撃も増えた。そういうところで次は生かしていきたいです」と攻撃面の課題を口にした。

 一方で板倉は、「急な移動、急な試合だが、A代表との試合は僕たちにすごくプラスなこと。もっとやっていきたかったというのはあります。プレッシャーも速かったし、局面の勝負やパスの正確性などすべてを上げないと勝てない。五輪本戦はこういう相手とやらないといけないし、ポジティブに捉えて、本戦に生かせればと思います」と、先輩の胸を借りた試合からの収穫を語った。

 U-24日本代表は、中1日の5日にU-24ガーナ代表との対戦を予定している。「間は短いが、(五輪)本戦へ向けて大事な試合。さらにチームをよくできるよう、コミュニケーションをたくさん取りたいです」と意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO