FOLLOW US

U-24日本代表の前田大然が危機感を強調「FW陣が結果を出さないと…」

取材に応じた前田大然

 U-24日本代表に招集された前田大然(横浜F・マリノス)が31日、オンライン上で取材に対応した。

 今回の活動から東京オリンピックに向けて、DF吉田麻也とDF酒井宏樹、MF遠藤航の3選手がオーバーエイジ(OA)枠としてU-24日本代表に合流する。FW陣にはOA枠は使われなかったものの、前田は「今回の合宿でFW陣が結果を出さないと、FWにOAを使わないと、という風になりかねないと思うので、危機感を持ってやっていこうと思っている」と心境を明かし、「どんな形であろうと勝たないといけない。僕自身はゴールを取らないとダメだと思っているので、僕自身はゴールにこだわってやっていきたい」と意気込みを語った。

 3月のU-24日本代表の活動には負傷のため不参加となっていた前田。3月に行われたU-24アルゼンチン代表との2連戦は「もちろん行きたかったが、試合を見ることしかできなかった」と振り返り、「僕がいたら点を取れたという風に思われるように今回の合宿でと思っていたので、そういう意味でも今回の合宿は重要だと思う」と今回の活動の重要性を強調した。

 今回のU-24日本代表メンバーには前田に加え、林大地、上田綺世、田川亨介ら4選手がFWとして招集されている。熾烈なポジション争いとなるが、前田は「スピードが持ち味なので、それは攻撃だけではなく、守備面でも発揮できると思う。攻守でチームを助けていければいい」と自身の特徴について明かしつつ、東京五輪のメンバーに選出されるためには「いけるメンバーは限られてくる。勝ち抜くためには今回の合宿が重要だと思うので、ゴールにこだわってやっていきたい」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO