FOLLOW US

前回に引き続き代表招集の守田英正が意気込み…ステップアップにも言及

取材に応じた守田

 守田英正(サンタ・クララ/ポルトガル)が取材に応じコメントしている。

 守田は20日に発表されたFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選とキリンチャレンジカップ2021に臨む日本代表メンバーに選出された。

 同選手は前回の代表に引き続いての招集。「前回以上の活躍をしたいし、得点を最終節で取ったいい流れもあるので、点が取れるという部分も見せていきたい」と意気込みを語り、「90分通して走り続ける。信じて前に走りきる走力、判断の思い切りの良さはポルトガルに行って伸びている部分と感じている」と移籍後の手ごたえを感じている様子を見せた。

 また、代表でのポジション争いについて問われた同選手は「日本にいたときに求められていたのがビルドアップだと思う。ポルトガルに行ってできるようになったのが数字に絡んでいく部分。ベースとなるのはサポートやビルドアップに関する部分だが、その上で最後はゴールアシストが大事。すべてで高いパフォーマンスが大事になる。これだけやっていればいいということはない。すべてで他の選手を上回れる活躍をしたい」とコメントした。

 今シーズンは終わったばかりだが早くも来シーズンに向けての質問が飛ぶと、守田は次のように語り「結果を残す」ことが大切だと語った。

「早くステップアップして上のリーグ、上のクラブに行くことは常に自分の中にあるから今に始まったことではない。年齢も年齢なので、誕生日を迎え1歳年を取ったので焦りも感じているし、代表もそうですがしっかり活躍して、上の舞台で活躍したいと思っている」

「正直個人としても情報が無く、これからどうなるかは僕さえもわからないが、今いるチームがゴールじゃないと自分もそうだし周りも思ってくれていると思う。いち早く結果を残してしっかり上に行きたいと思っている」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO