FOLLOW US

攻守で存在感を発揮…瀬古歩夢、先制アシストは「自分の特長。良い配球ができた」

力強い守備と先制点のアシストで勝利に貢献した瀬古歩夢 [写真]=Getty Images

 『SAISON CARD CUP 2021』が29日に行われ、U-24日本代表がU-24アルゼンチン代表を3-0で下した。試合後、DF瀬古歩夢(セレッソ大阪)がオンライン会見に出席した。

 瀬古は26日に行われた同一カードの試合では出場機会を得られなかった。「第1戦では出られず、チームも負けていた。第2戦はとても大事な試合になる。そこで自分は試合に出られたので、絶対に勝利しようという気持ちもあった。その中でチャンスを掴まないといけない、もっとアピールしないといけない気持ちで臨んだ」。スタメンに名を連ねた同試合はセンターバックとしてフル出場し、アルゼンチンの攻撃陣に得点を許さなかった。瀬古は「球際のバトルになると試合前から想像していたし、監督からも試合前に『絶対に負けるな』と言われていた。今日は全員が戦い、勝っている部分が多く、そこが勝利に繋がったと思います」と話し、“デュエル”の部分には手応えを感じられる試合になったようだ。

 また、瀬古は守備面だけでなく攻撃面でも特徴を発揮した。45分、最終ラインで開きながらボールを受けると、中央を通す正確なロングフィードでFW林大地(サガン鳥栖)の先制ゴールをアシストした。「大地はああいうところで受けるのが上手」と林のストロングポイントに触れつつも、「あそこは自分の特長でもあるので、常に狙っていこうと思っていた。シンプルにやりながら、揺さぶりながら、どこかで空いてくると試合をやっていて感じていた。あの瞬間は空いたので、良い配球ができたと思います」とコメント。アシストのシーンについては以下のように続けている。

「相手DFの映像は自分も確認していました。背後の対応が少し雑なシーンかいくつかあったので、試合前に頭に入れて、そこを狙っていけた。実際につながって、アシストになって良かったです」

 東京オリンピックで金メダルを目標としているチームは、“南米王者”のアルゼンチン代表とも渡り合えることを示した。「海外組が合流してよりチームが引き締まった」と話す瀬古は、“悲願達成”のためにはまだまだレベルアップが必要だと感じているようだ。「五輪まで数カ月で、結果にこだわらないといけない。高いレベルを体感できたことで、自身もチーム全体も五輪への思いはより強くなったと思う。日本開催な以上、金メダルはチーム全員の目標でもあるので、個人としてもレベルアップをこれからしないといけない。今日の試合でそれをより強く感じさせられました」

 また、瀬古は「FWとの駆け引きでは、あっちの選手は実際に上手いと感じるところもあった」と話しつつも、「うまく対応できたことは自信になった」と明かした。それでも、「もっと潰しに行けるところは多くあったし、自分の判断ミスも多々あったのは事実。それを直していかないと本番やこれからやられる部分はたくさんあると思います」と自身の課題も口に。「見つけた課題はチームに持ち帰って修正できれば」と今後の成長を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO