FOLLOW US

久保建英、アルゼンチンへのリベンジ達成に喜び「口だけでなく結果として…」

久保建英は2アシストでアルゼンチン撃破に貢献(写真は26日のもの) [写真]=Getty Images

 『SAISON CARD CUP 2021』が29日に行われ、U-24日本代表がU-24アルゼンチン代表を3-0で下した。試合後、MF久保建英(ヘタフェ/スペイン)がコメントを残した。

 26日に行われた同一カードの一戦では0-1で敗れていたこともあり、2試合連続のスタメン出場となった久保は“リベンジ”のために闘志を燃やしていたという。「同じ相手にホームで2連敗はありえないという思いで試合に臨みました。しっかりリベンジすると言って、口だけでなく結果として残せて良かったです」と話すと、「既に1試合やっていて相手のやり方もわかっているので、コミュニケーションをとってどうやっていこうかと。プランがハマった」と勝因を分析。「自分以外の選手も裏を狙ったり、相馬(勇紀)選手や食野(亮太郎)選手もサイドで起点になってくれて、それぞれが持ち味を出せたと思います」と、攻撃陣の選手を称賛した。

 後半に入ると、久保はコーナーキックをDF板倉滉(フローニンゲン/オランダ)に合わせ、2つのアシストを記録した。「1本目は狙いましたが、2本目は空いたスペースで誰かが飛び込んでくれないかと。板倉選手はこれから2点取ることはないと思うので、喜びを噛みしめてほしいですね(笑)」と話し、板倉を“イジり”つつもゴールを祝福している。

 また、今回が“初共演”となったFW林大地(サガン鳥栖)に関しては「本当に初対面でニュースで見るくらいだった」ものの、「組んでみて大体わかったし個人的にはやりやすい。選手として成熟していると言うか、プレーがわかりやすいので、やりやすいなと思いました」とコメント。試合運びの面にも触れており、「落ち着いてボールを支配できたし、逆に守備で相手のビルドアップに対応できたのが余裕に繋がった。『守備が最大の攻撃』と言う人もいますけど、それを体現することでスムーズに攻撃できたかなと思います」と語った。

 最後に、久保はファン・サポーターへのメッセージを残した。「試合後なのにたくさんの人が残ってくれて、ありがとうございます。しっかり自分たちも波に乗って自信を持ち、慢心せず、本番があるかはわかりませんが、自分たちのチームに戻って各々が成長していければと思っています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO