FOLLOW US

U-24日本代表がアルゼンチンにリベンジ達成! 林が先制弾、板倉は2得点

U-24日本代表が南米王者にリベンジ! [写真]=Getty Images

『SAISON CARD CUP 2021』が29日に行われ、U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表が対戦した。

 26日に行われた同カードの一戦では、日本は0-1で敗北を喫していた。板倉滉と久保建英を除く9名を入れ替えて、北九州スタジアムでの一戦でリベンジを狙う。一方、アルゼンチンのメンバー変更は4名のみ。ケビン・マク・アリステル、ルーカス・ゴンサレス、アレクサンドロ・ベルナベイ、フアン・ブルネッタがスタメン入りを果たした。

 開始直後、日本はハイプレスで相手の最終ラインに襲いかかる。序盤から日本はコンパクトな陣形でボールを保持する時間を増やすと、9分には久保のスルーパスから食野亮太郎が相手の背後に抜け出す。食野は中央へ折り返すも、クロスは味方に合わない。

 25分には田中碧のロングスルーパスに林大地が反応するも、トラップがうまくいかずシュートまで持ち込めず。それでも、直後のプレーで左サイドを突破した相馬勇紀がマイナスに折り返すと、食野がダイレクトでシュートを放つ。これは相手DFに阻まれ、得点とはならなかった。

 36分には再び日本にチャンス。右サイドでボールを受けた久保のスルーパスに原輝綺が反応。中央へクロスを送ると、林がヘディングシュートを狙う。しかし、シュートは枠を捉えきれなかった。

 一方のアルゼンチンはなかなか決定機をつくりだせない。41分にバイタルエリアからのスルーパスでフアン・ブルネッタが裏を取るが、わずかにボールは合わなかった。

 一進一退の攻防が続く中、前半終了間際の44分に試合が動く。最終ラインでボールを受けた瀬古歩夢が、正確なフィードでロングスルーパスを供給。DFラインの背後へ抜け出した林は落ち着いてGKとの1対1を沈め、日本が先手を取った。

 後半に入っても日本はギアを緩めない。50分には右サイドで仕掛けた久保が中央へパスを送ると、ファーサイドで待っていた相馬がフリーに。相馬は落ち着いて左足を振るも、シュートはポストに嫌われた。

 1点ビハインドとなったアルゼンチンも反撃へ。63分にはバイタルエリアでボールを持ったアドルフォ・ガイチが強烈なミドルシュートを放つも、これは日本のGK谷晃生がしっかりとセーブした。

 アルゼンチンの攻めを凌いだ後は、日本に決定機。68分、左コーナーキックを得ると、キッカーの久保が正確なボールを供給。ペナルティエリア内で競り勝った板倉が頭でねじ込み、日本が追加点を記録した。さらに、73分には再び久保の左コーナーキックから板倉がヘディングシュート。“ホットライン”が機能し、直前のゴールシーンと同じ形で3点目を沈めた。

 その後はアルゼンチンに主導権を譲り渡す時間もあったものの、落ち着いた対応でアルゼンチンに決定機をつくらせず。試合はこのまま終了し、日本がアルゼンチンを3-0で下した。

【スコア】
U-24日本代表 3-0 U-24アルゼンチン代表

【得点者】
1-0 45分 林大地(U-24日本代表)
2-0 68分 板倉滉(U-24日本代表)
3-0 73分 板倉滉(U-24日本代表)

【スターティングメンバー】
U-24日本代表(4-2-3-1)
谷晃生;原輝綺、町田浩樹、瀬古歩夢、古賀太陽(89分 中野伸哉);板倉滉、田中碧;食野亮太郎(83分 旗手怜央)、久保建英(75分 三好康児)、相馬勇紀(88分 三笘薫);林大地(61分 田川亨介)(90分 渡辺皓太)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO