FOLLOW US

久保建英、中心として存在感発揮も「敗戦は攻撃陣のせい」…次戦でのリベンジ期す

アルゼンチン戦にフル出場した久保建英 [写真]=金田慎平

 26日、U-24日本代表は『SAISON CARD CUP 2021』でU-24アルゼンチン代表と対戦し、0ー1で敗戦を喫した。試合後、久保建英がフラッシュインタビューに応じた。

 久保はトップ下としてフル出場。攻撃の中心として積極的にボールに関与し、得意のドリブルやスペースへの動き出し、セットプレーなどでチャンスを創出した。しかし、アルゼンチンが集中した守備を見せたこともあり、日本はいくつかの決定機を生かすことができずに無得点で試合を終えた。

「失点後、みんなで話し合い」後半に向けて修正したと語った久保。日本がペースを掴んだ後半を振り返って、「後半は(日本の)守備陣がほぼ相手に何もさせていない中、(敗戦は)攻撃陣のせいだと思います」と反省の弁を口にした。

 また、ヘタフェ(スペイン)でプレーする久保ら海外勢は、帰国したばかりで十分な準備時間がない中でアルゼンチンと戦った。ただ久保は「向こう(アルゼンチン)もそれは同じなので、言い訳はしたくないです」とコメント。続けて、「拮抗した試合で勝てないと、(満足のいかない)結果だけが残るので、結果を求めていきたい。先制点を取られると厳しくなります。次はしっかりと借りを返し、勝って締めたいです」と、29日に控えるアルゼンチンとの再戦への意気込みを示した。

 U-24日本代表とU-24アルゼンチン代表は、29日に『北九州スタジアム』でも対戦。同試合は19時45分のキックオフを予定しており、『BS朝日』にて生中継、および『TVer』でライブ配信される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO