FOLLOW US

2013年以来の“日韓戦”勝利…森保監督「献身的な準備が結果に繋がった」

日本代表の森保一監督(写真は昨年11月パナマ戦のもの) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が25日に行われ、日本代表が韓国代表を3-0で下した。試合後、日本代表を率いる森保一監督がフラッシュインタビューに応じた。

 森保監督は試合開催までの過程を振り返り「この試合に向けての準備は簡単ではありませんでしたが、選手たちがストレスなることにも文句を言わずに集中して準備してくれた。スタッフもコロナ禍の中で大変でしたが、献身的に皆でチームのために戦って準備してきてくれたことが結果に繋がったと思います」とコメント。以下のように続けている。

「我々がコロナ禍の中で試合をさせてもらう中、この試合をファンに喜んでいただく、この試合を開催して良かったと思ってもらえるような戦いをしようということで試合に臨み、選手たちがハードワークしてくれました」

 また、宿敵・韓国を相手に3得点を奪って快勝したことについては「韓国のプレッシャーも厳しかったが、選手たちがアグレッシブにプレーしてゴールに向かっていくことを実践してくれたおかげで得点に繋がった」と話している。

 日本代表は30日、フクダ電子アリーナで行われる2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選兼AFCアジアカップ中国2023予選でモンゴル代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO