FOLLOW US

森保監督、21年の代表活動に向けて意気込み「1戦1戦、最善の準備で」「金メダルの目標を…」

A代表と五輪代表を率いる森保監督 [写真]=Getty Images

 日本代表(SAMURAI BLUE)とU-24日本代表(東京五輪代表)を率いる森保一監督が、2021年の強化方針・年間スケジュール記者発表に出席した。

 日本代表は2021年、新型コロナウイルス感染症の影響で中断となっていたFIFAワールドカップカタール2022アジア2次予選の再開を迎える。3月は25日のミャンマー戦(ホーム)と30日のモンゴル戦(アウェイ)の2試合、6月は7日のタジキスタン戦(ホーム)と15日のキルギス戦(ホーム)の2試合が予定されている。また、6月は3日と11日に「キリンチャレンジカップ 2021」が開催されることも決定している。

 一方、U-24日本代表は7月から開催される東京オリンピックを前に、3月26日と29日、6月5日と12日に国際親善試合が予定されている。また、東京五輪直前の7月12日と17日には、「キリンチャレンジカップ 2021」が開催されることも決定した。

 森保監督は来年のA代表の活動について、「カタールW杯出場を果たすため、2次予選を確実に勝ち、最終予選で結果を出す」ことを目標に、「1戦1戦、最善の準備をして戦います」と意気込み。また、U-24日本代表については、「2020年に掲げた目標を、そのまま2021年に実現できれば」と前置き、「五輪代表は金メダルを目標にして戦ってきました。延期になったことで1年分の成長につながっていると思います。多くの方の支援を受け、金メダルの目標を達成できるよう、精一杯活動していきます」とコメントした。

 森保監督は新型コロナウイルスの影響を受けた2020年の活動を振り返り、「思ったような活動ができなかったのは事実ですが、それは(各国代表も同じで)我々だけではありません。現実的に、与えられた環境の中でできることをどれだけ積み上げられるか、を考えてきました」とコメント。また、「代表活動において、選手、チームのレベルアップは考えないといけません。ですが、まずは日常の生活、サッカーライフで所属チームがあります。そこで個のレベル、価値を上げられるかを(選手には)話しています。日々、(選手と)コンタクトを取りながら続けてきました。これは今までも、これからも変わりません」とも語った。

 さらに同監督は「何より、世の中の日常生活がままならないなか、生きるか死ぬかというなか、我々が活動させてもらったことに、今年はまず感謝でいっぱいです」と代表活動に対するサポートへの感謝を述べ、「活動させてもらっているなか、応援してくださっている方の元気・勇気になれるよう、これからも活動したいです。その思いで取り組めば、選手個人もレベルアップできると思います」と改めて意気込みを示した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO