FOLLOW US

「試合状況見て」短い準備期間で試した3バック 森保監督「相手守備を難しくさせようと」

試合後、柴崎とコミュニケーションを図る森保監督 [写真]=JFA

 国際親善試合が9日に行われ、オランダの地で日本代表はカメルーン代表と対戦。スコアレスドローに終わった。

 試合後、オンラインでの会見に出席した日本代表の森保一監督は、「強い相手と戦う中、手探りになる状況も多かったが、選手たちは日本に励ましのエール、勝利を届ける気持ちを持って、試合に臨み、最後まで戦ってくれました。試合途中、連携でうまくいかなかったり、受け身になることもあったが、粘り強く辛抱しながら、徐々に自分たちのペースに持っていき、前半よりも後半、時間を追うごとに自分たちの戦いができたと思います。勝利を目指して戦った中、引き分けという結果が出たが、次の試合では勝利という結果に変えられるよう、準備期間でベストを尽くします」と試合を総括。

 前半はカメルーンの丁寧なビルドアップなどから試合を支配されたが、後半は4バックから3バックへと変更し、徐々に展開を押し戻した。守備では冨安健洋、吉田麻也、酒井宏樹が粘りの守備を見せたが、攻撃では伊東純也の突破に頼るなど、今一つ噛み合わないシーンも多かった。連携不足は久々の代表活動ということもあり、「連携不足からうまくいかなくなることは、ある程度想定して、選手にも話していた」という森保監督。「攻撃では特に後半、決定機もできたと思うが、最後の精度を上げないといけない。描く連携の絵は合っていると思ったので、それが実際のプレーで表現できるようにやっていきたい」、「相手が激しくプレッシャーをかけてくることはスカウティングで想定していたし、練習でもプレッシャーを回避するイメージをしていたが、実際はなかなか表現できなかった。絵は合ったが、実際のプレークオリティをさらに上げる作業をしないといけない」と、連携を高める必要性に触れ、吉田麻也も試合後に、「1年間も代表を離れていると、クラブでやっていることが染みついているので、分かっていてもズレることがある」と、同様の見解を示している。

 3バックの採用については前日練習などでも4バックとともに試していたとして、後半から立ち位置を変えたことは「試合の状況を見て」判断したという。また、久々の代表活動ながら、これまで使うことが少なかった3バックを導入したことについては「練習から選手は戦術に厚みをもたらすためにも、ポジティブにトライしてくれました」と、姿勢を称えた。

 この日のスタメンには東京五輪世代の代表チームで主将を務めている中山雄太が柴崎岳と組んで、ボランチで先発フル出場したが、「所属するズヴォレではボランチで試合に出ているので、そこも考えました。コパ・アメリカ以来のA代表でのプレーでしたが、彼だけの責任ではないが、コパのチリ戦完敗後、試合に出られなかった経験を彼は覚えていると思いました。そこからの1年での成長を見たく、起用しました。前回出場した時からの想いも強かっただろうし、ボランチでプレーしたい思いを強く表現してくれたと思っています」と、評価した。

 後半のフォーメーションの意図として、攻撃面では「ウイングバックの選手がワイドポジションを取ることで、4バックの相手に、より守備の対応を難しくさせる、我々がサイドのスペースを持って突破できることを考えました。かつ、ワイドの選手がいることで、1トップ2シャドーの選手が中で、スペースを持って起点になっての攻撃を仕掛けられる、と考えて戦いました。特にワイドから崩すところは(伊東)純也が持っている攻撃力を生かしてもらえればと思っていましたが、突破してのチャンスメイクは狙い通りのことが形としてできていたと思います。ただし、得点に至らず、もっとチャンスを作れる場面はあったと思います。優位性は選手の感覚として持ってもらいながら、さらにクオリティを上げられるようにしたいと思います」と、説明している。

 試合への臨み方として、「相手も身体能力が高く、体の強さを持っていましたが、日本の選手も試合に勝つため、アグレッシブに、勇敢に相手への戦いを挑んでいく部分で、入りから積極的にいってくれました。まずは、アグレッシブに自分たちが戦っていく部分で、気持ちを持ち、粘り強く相手に食らいつくしつこさを出してくれましたし、チームとして戦う意思統一ができて、無失点に抑えられました。そのベースがあって、攻撃も徐々に良さが出たと思っています」と、選手の姿勢を最後まで評価している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA