FOLLOW US

「もっとできた」と振り返る久保建英、終盤のFKは「GKのナイスセーブ」

カメルーン戦に出場した久保建英 [写真]=Getty Images

 日本代表は9日、国際親善試合でカメルーン代表と対戦し、0-0のスコアレスドローに終わった。試合後、後半途中からピッチに立った久保建英がインタビューに応じた。

 久保は0-0で迎えた65分から出場。「オープンゲームになってきていたので、空いたスペースで受けて、前にボールを運べたらという意識」で試合に入り、終盤にはFKからゴールを狙ったが得点とはならなかった。

「ちょっと壁の位置がよくなかったので、狙えるかなと思って。GKがナイスセーブだったかなと思います」とFKの場面を振り返った久保は、「途中出場の選手がもっと流れを変えないといけないと思うし、もっと落ち着きだったり、いろいろなことができたかなと思います」と反省しつつ、「久々にこうやって代表でサッカーができて、あとは結果だけなのかなと思います」と次を見据えた。

 日本代表は13日にコートジボワール代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA