FOLLOW US

ビーチサッカー日本代表監督に茂怜羅が“選手兼任”で就任「世界に日本代表の強さを」

ビーチサッカーの新監督に決まった茂怜羅 [写真]=Getty Images

 JFA(日本サッカー協会)は18日、ビーチサッカー日本代表の新監督に茂怜羅オズ氏の就任が決定したことを発表した。

 茂怜羅はブラジル出身の34歳。2012年12月に日本国籍を取得すると、翌年からビーチサッカー日本代表として106試合に出場し113得点を記録。また、日本が世界4位となった2019年のFIFAビーチサッカーW杯では、大会MVPを受賞する活躍を見せた。

 なおJFAによると、同氏は選手としての活動も継続することが発表されており、選手兼任監督としての活躍が期待されている。

 今回の監督就任に伴い、茂怜羅は以下のようにコメントを発表している。

「この度ビーチサッカー日本代表の監督に就任することになりました。アジアのトップを経験した代表チームが、次は世界のトップに上り詰められるように、しっかりと準備をしていきたいと思っています。今後は選手としてだけでなく、監督としても日本にビーチサッカーというスポーツを広めつつ、世界に日本代表の強さを見せていけるよう、精一杯務めて参ります」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA