FOLLOW US

3月に日本と対戦予定も…南アフリカがU-23チームの日本への派遣を拒否か

2016年にも日本と対戦したU-23南アフリカ代表 [写真]=Getty Images

 南アフリカサッカー協会は、U-23代表チームの日本への派遣を断念する意思を固めたようだ。21日、イギリス紙『BBC』が報じている。

 U-23日本代表とU-23南アフリカ代表は、東京オリンピックに向けた強化試合として3月27日にサンガスタジアムで対戦する予定だ。しかし南アフリカサッカー協会は、現在日本で急速な広がりを見せているコロナウイルスのリスクを懸念し、U-23代表チームの日本への渡航は危険だと考えているようだ。

 南アフリカサッカー協会幹部のゲイ・モコエナ氏は、「我々は選手たちの生命を危険にさらすことはできない。死亡者数は毎日のように増え、リスクを冒すための準備も私たちにはできていない」と語った。日本サッカー協会からはその決断を再考するよう求められたようだが、開催の中止は避けられない模様だ。

 また、U-23日本代表は続く3月30日に、南アフリカとともにアフリカ予選を勝ち抜いたU-23コートジボワール代表との対戦も控えている。7月24日から開幕予定の東京オリンピックだが、今後サッカー界にどのような影響を及ぼすことになるのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA