FOLLOW US

U-23日本代表DF岡崎慎、ミスを猛省し雪辱を誓う「改善の余地しかない」

サウジアラビア戦で通行のPKを献上したDF岡崎慎 [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権グループB初戦が9日に行われ、U-23日本代表はU-23サウジアラビア代表に1-2で敗れた。日本代表はドロー決着が濃厚となった試合終盤にバックパスのミスを狙われてボールを奪われると、DF岡崎慎がファウルを犯しPKを献上。これを決められ、ミスからの失点で初戦を勝ち点0で終えた。

 岡崎は3バックの中央に入り、後方からのビルドアップや1対1の守備で随所に好プレーを披露。しかし、DF古賀太陽、GK大迫敬介との一瞬の連携ミスがPKにつながってしまった。岡崎は「自分のミス」と認めつつ、以下のようにコメントして試合を振り返り、次戦以降での改善を誓った。

「PKのシーンは自分のミスでした。(古賀)太陽から大迫にアイコンタクトがあったと感じ、パスコースも大迫の方に向かっていたので、自分の出足が遅れて相手に奪われてしまった。すぐに大迫とアイコンタクトをしながらリカバーしに行ったけれど、最終的には自分の足が相手のかかとに触れてしまった。終盤の時間帯にあんなミスをするのはディフェンダーとしてあり得ないこと。これからプロとしてやっていく以上、2度と同じミスをしてはいけないと感じています」

「チームとしては、終盤に1点を取りに行くのか、同点で終わるのかの意思疎通ができていなかったのが1番の問題だと感じています。前半からいいプレーができている時間帯もありましたが、相手のミスや運の要素も強かったですし、最終的に負けている以上いいところはなかったと思います。3バックとボランチはある程度連携できていましたが、トップやシャドーとの意思疎通がまだまだで、改善の余地しかないと感じています」

「ハーフタイムや試合後に選手同士でしっかりとコミュニケーションが取れていますが、それをピッチで表現できなければ仕方がないと思います。また、それができるのが代表に選ばれている選手たちだとも思うので、この試合で得た教訓を絶対に次に活かしていきたいです」

 U-23日本代表はグループB第2節で12日にU-23シリア代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA