FOLLOW US

今大会全3試合出場も無得点…FW上田綺世「もどかしさはすごく感じた」

韓国戦にフル出場したFW上田綺世 [写真]=Getty Images

 日本代表は、18日に行われたEAFF E-1サッカー選手権2019で韓国代表と対戦し、0-1で敗れて3大会ぶりの優勝を逃した。

 1トップに入ったFW上田綺世(鹿島アントラーズ)はノーゴールに終わり、「言い訳を探せばたくさんあるし、FWとしてボールが来なかったからというのは試合結果としては関係ないことだし、取るか取らないかの二択だと思う」とコメント。「僕は取れなかったけど、クリスティアーノ・ロナウドが入っていたら取っていたかもしれないし、その方法は僕には見つからなかったという感じです」と話した。

 今大会全3試合に出場した上田は、「初戦のポストプレーや周りを生かすプレーを含めて、チームとして必要な動きはなんとなく見えてくるようになりました。そういった部分は鹿島で培った部分も大きいのかなと僕自身は多少感じています」と収穫を明言。

 だが、無得点に終わったことで、「シュートを打てなかった遠征でしたし、ゴールに迫るためには何かが必要だという、自分に対する劣等感まではいかないですけど、もどかしさはすごく感じた。もうちょっとひらめきを含めて、感覚的にもゴールに近づける選手になる必要があると感じました」と課題を語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA