FOLLOW US

韓国の勢いに屈して敗戦…序盤の対応を悔やむ田中碧「自分の力のなさ」

フル出場した田中 [写真]=Getty Images

 日本代表は、18日に行われたEAFF E-1サッカー選手権2019で韓国代表と対戦し、0-1で敗れて3大会ぶりの優勝を逃した。

 フル出場したMF田中碧は試合後、「前半は特に立ち上がりに相手がすごいプレッシャーをかけてきた。そこに対して慣れる時間があるし、結果的にその時間で押し込まれて失点してしまった」と振り返った。「そのタイムラグや相手を理解する時間は短くしないといけない。個人として良い部分が出せた時間もあったけど、そこの対応はまだまだだったなと思う」

 また、「自分たちが韓国より劣ってるとは思ってないです。正直ああいうシチュエーションになって引くことはいくらでもできるし、自分たちが4-5-1のブロックを組んで前半をしのぐことはいくらでもできたけど、それだったら自分たちの成長はないし、自分たちからアクションを起こしてやらなければいけない」と語り、「最初の15分間は個人としても相手の強度に慣れることはできなかったし、チームとしてもプレスをはがすことができなかったのは自分の力のなさだし、ホントにチームのみんなに申し訳ないと感じますね」と悔やんだ。

 そして、「こういう強度を持って人に勢いで来る相手は、特にアジアで多いし、そういう相手に対しては自分たちがどれだけ早くいい立ち位置を取ってボールを動かせるかが大事だと思う。苦しい時間を減らすためにも、敵陣でサッカーをするために少しでも運ぶ回数を増やさなきゃいけない。『蹴って拾って』というサッカーではやっぱり世界では戦えない」と課題を口にし、「自分たちの勝つ確率、点を取る確率を上げるためにも、自分が中心となってボールを運ぶ作業っていうのを続けていかないといけないなと思います」と話した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA