FOLLOW US

ベストメンバーを招集も無得点で敗戦…森保一監督は「力が足りない」と課題痛感

[写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2019が17日に行われ、U-22日本代表とU-22コロンビア代表が対戦。日本は後半に2点を奪われ、0-2で敗れた。

 試合後、同代表を初めて指揮した森保一監督は「力が足りないということ。東京オリンピックまでにチーム力を上げないといけないと感じました」とコメント。久保建英や堂安律ら、A代表の常連を招集した“ベストメンバー”で臨んだが、課題が浮き彫りとなった。

「自分たちからアクションを起こせば、対等に戦えるということを選手は見せてくれましたけど、大観衆が来たプレッシャーの中、どうやって戦っていくかということ。東京オリンピックへ向けて最初の緊張、プレッシャーをどう乗り越えていくかということを今日の試合で学ばせてもらえたと思います」

 U-22日本代表の次戦は12月28日、トランスコスモススタジアム長崎で開催されるキリンチャレンジカップ2019で、U-22ジャマイカ代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA