FOLLOW US

歴代2位の122試合出場も…さらなる飛躍誓う長友佑都「記憶に残る選手に」

日本代表の長友佑都(写真は9月のパラグアイ戦)[写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都(ガラタサライ)が、元日本代表DF井原正巳氏と並ぶ歴代2位の通算122試合出場を達成した。

 長友は14日に敵地で行われた2022 FIFAワールドカップ カタール・アジア2次予選のキルギス戦に先発フル出場して2-0の勝利に貢献した。歴代2位の122試合出場という偉業を達成し、日本代表の歴史に名を刻んでいるが、それでも満足する様子はなく、33歳の今でも野心に燃えている。

「数字だけ積み重ねてもしょうがないので、結局は自分がこのチームの中で何ができるかということにこだわらないといけない」と気合を入れ直し、「自分たちの子供の世代とか、今はサッカーを見れないくらいまだ小さい子たち、まだサッカーを理解してない子たちでも、『長友いたな』と思われるくらい記憶に残る選手にならないといけない」とさらなる飛躍を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA