2019.06.21

“本気”のウルグアイを相手に2-2ドロー! 日本は終盤に猛攻受けるも勝ち点1獲得

日本はウルグアイと2-2で引き分けた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 コパ・アメリカ グループステージ第2節が21日に行われ、グループCの日本代表とウルグアイ代表が対戦した。

 初戦のチリ戦と同様に4バックを採用した日本は、トップ下に安部裕葵を初めて起用。1トップにはベテランの岡崎慎司が選ばれた。久保建英はベンチスタートとなった。

 3分、日本がいきなりチャンスをつかむ。三好康児が右サイドから縦に持ち込み、ゴールライン際からグラウンダーのクロスを供給する。ニアサイドの岡崎がダイレクトで合わせたが、ボールはわずかにゴールの右に外れた。12分にはウルグアイがカウンターアタックを発動。右サイドをワンツーで抜け出したエディンソン・カバーニが入れたクロスに、ルイス・スアレスがヘディングで合わせたが、これはGK川島永嗣の正面に飛んだ。

 24分、日本が先制する。柴崎岳のロングフィードに抜け出した三好が、ペナルティエリア右から侵入。縦に抜け出すと、右足のシュートでニアサイドを破った。だが、ウルグアイもすぐに同点に追いつく。29分、カバーニがペナルティエリア内で植田直通と接触して倒れこむ。カバーニが悶絶してファウルをアピールすると、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が発動。審議の結果、ウルグアイにPKが与えられ、スアレスがきっちりとキックを成功させた。前半はこのまま1-1で終了した。

 54分、日本は決定的なピンチを迎える。カウンターからカバーニに最終ラインを突破され、川島と一対一に。だが、これは日本の守護神がシュートをしっかりストップした。

 58分、日本が勝ち越す。左サイドから杉岡大暉がクロスを入れると、ニアサイドで岡崎がつぶれる。GKフェルナンド・ムスレラがはじいたボールに三好が詰め、ボールをゴールに押し込んだ。しかし、直後の66分にウルグアイが再度同点弾を挙げる。左CKをニコラス・ロデイロが蹴ると、ホセ・ヒメネスがヘディングシュートを突き刺した。以降は、ウルグアイが日本を押し込む時間が増えていく。

 試合終了の瞬間までウルグアイの猛攻を受けた日本だが、何とか耐え凌いで2-2で試合終了。最終節に決勝トーナメント進出の可能性を残した。

 日本代表は25日(日本時間)にグループステージ第3節でエクアドル代表と、ウルグアイはチリ代表と対戦する。

【スコア】
日本代表 2-2 ウルグアイ代表

【得点者】
1-0 24分 三好康児(日本)
1-1 32分 ルイス スアレス(ウルグアイ)
2-1 58分 三好康児(日本)
2-2 66分 ホセ・ヒメネス(ウルグアイ)

【スターティングメンバー】
日本代表(4-2-3-1)
川島永嗣;岩田智輝(87分 立田悠悟)、植田直通、冨安健洋、杉岡大暉;板倉滉、柴崎岳、三好康児(83分 久保建英)、安部裕葵(67分 上田綺世)、中島翔哉;岡崎慎司

ウルグアイ代表(4-4-2)
フェルナンド・ムスレラ;マルティン・カセレス、ディエゴ・ゴディン、ホセ・ヒメネス、ディエゴ・ラクサール(28分 ジョバンニ・ゴンサレス);ナイタン・ナンデス(60分 ヒオルヒアン・デ・アラスカエタ)、ロドリゴ・ベンタンクール、ルーカス・トレイラ、ニコラス・ロデイロ(73分 フェデリコ・バルベルデ);エディンソン・カバーニ、ルイス・スアレス

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング