FOLLOW US

相手との接触で右足を痛める場面も…酒井宏樹「寝て治します!」

右SBで先発フル出場した酒井 [写真]=ムツカワモリ

 日本代表は24日、AFCアジアカップUAE2019 準々決勝でベトナム代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。右サイドバックで先発フル出場を果たした酒井宏樹は「自分たちで難しくした部分もありましたけど、結局は自分たちで修正して勝てた試合」とベトナム戦を振り返った。

 決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦に続き、2試合連続完封を達成したことについては「不安定な部分はありましたけど、要所要所で締めることができていました」とコメント。そしてセンターバックの一角を担うチーム最年少の冨安健洋を称賛している。

「トミがすごく成長していることは、僕も頼もしい。プレッシャーをかけられても落ち着いていますし、最後の最後まで見てくれているので、相手が不意に目を離した時にしっかりつないでくれる。ファーストタッチで抜ける状態までためてくれますし、その一つひとつが相手のダメージになっていると思います」

 また後半には相手との接触で右足を痛める場面もあり、アイシングをしながらミックスゾーンに現れた。「あれはVARないんですね(苦笑)。めちゃくちゃアフターでした。寝て治します!」と話している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA