FOLLOW US

日本代表に漂う“強者のメンタリティ”…長友佑都「ボールを握られても余裕がある」

左SBで先発フル出場した長友佑都 [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップUAE2019 決勝トーナメント1回戦が21日に行われ、日本代表が1-0でサウジアラビア代表を下した。日本のボール保持率はわずか23%と「今までない」展開となったが、8大会連続のベスト8入りを果たした。長友佑都は「成長だと思います」とサウジアラビア戦の勝利を振り返った。

「今までの日本だったらやられているんですよ。でも、今は経験もあったり、海外の厳しい環境でやっている中、ボールを握られていてもメンタル的に余裕がある。相手に握らせて、最後のところで締める。ピッチの中で『集中していれば問題ない』というメンタルが漂っています。それはやっぱり強いチーム、特にユヴェントスとかはそういった雰囲気が漂っているんです」

「日本はアジアのユヴェントスになれるか?」という問いに対しては、「ユヴェントスになれなくても、カメレオンのようにやり方を変えたらいい。相手チームや環境を見てポゼッションをするのか、引いて守るべきなのか。そういう判断をしていけば、もっと成長していくと思います」と見解を述べた。

 次戦は24日、ベトナム代表と対戦する。中2日と厳しい日程で準々決勝に臨むことになるが「日程とか環境とかあるけど、強いチームは勝つから。そこで疲れていて負けたというならそれまでですよ。そこまでのチームだったということ。どんな日程でも、どんな環境でも、勝つチームが強い」と勝利を誓った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA