FOLLOW US

青山敏弘が右ひざ違和感で別メニューに…大迫&東口はスパイク履いてピッチへ

19日の練習では別メニューとなった青山

 AFCアジアカップUAE2019を戦っている日本代表は、決勝トーナメント1回戦のサウジアラビア戦に向けて、冒頭15分公開の練習を19日に行ったが、ウズベキスタン戦でフル出場したMF青山敏弘は右ひざの違和感により、ピッチに姿を現したものの、別メニュー調整となった。

 また、右臀部の違和感で別メニュー調整が続いていたFW大迫勇也は、引き続き別メニューだったが、スパイクを履いてピッチに姿を現し、ボールを蹴るなど、回復ぶりをうかがわせた。腰痛を抱えるGK東口順昭もスパイクを履き、他のGKと同じメニューを部分的こなしつつ、別メニューという状況になり、こちらも徐々に回復を見せている。

 サウジアラビア戦は21日15時(日本時間20時)キックオフとなる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA