FOLLOW US

第3戦へ意気込む乾貴士…2試合出番なしも指揮官との会話で“疑問”は解消

ウズベキスタン戦に向けてトレーニングを行う乾貴士

 2試合連続で出番がなかったことを「不満ではなく疑問」に感じたMF 乾貴士は、森保一監督にその理由を直接問い、解消した。あとは「しっかりチャンスをつかむ」だけだ。

 日本代表は17日にAFCアジアカップUAEグループステージ第3節でウズベキスタン代表と対戦する。すでにグループステージ突破を決めていることもあり、森保監督はメンバー編成の変更を示唆。乾にも出場のチャンスが巡ってきそうだ。

 第1節のトルクメニスタン戦は2枚、第2節のオマーン戦は1枚、いずれも交代枠を残したまま試合終了のホイッスルを迎えた。ベンチで見守った乾は「悔しい思いをしていることは間違いない」と本音を吐露。だからこそ直接、指揮官に聞いた。ただ、それは決して「不満」に思ったからではなく「疑問として聞きに行っただけ」。そしてその姿勢に森保監督も「普通の反応」で応えてくれたという。

「森保さんは基本的には何でも喋ってくれるので。理由がわからないままと、わかったのとではやっぱり違います。多分、選手はみんなそうだと思います。『そういう理由なら仕方ない』というのは、もちろん選手みんなが理解できたんじゃないかなと思います」

 その理由こそ明かさなかったものの、乾の中で疑問は消えた。しかし、まだ悔しさは晴れていない。「せっかくのチャンスかもしれないので、そこをしっかりつかんで頑張りたいと思います」と2日後に迫ったウズベキスタン戦を見据えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA