2019.01.10

「自分のミス」「もっと成長しないと」…先発GK権田は自身のプレーを猛省

権田修一
トルクメニスタン戦に出場したGK権田修一 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 AFCアジアカップUAE2019を戦う日本代表において一つの注目ポイントとなっている先発GKの座。迎えた9日のグループステージ初戦でゴールマウスを守ったのは権田修一だった。

 試合には3-2で勝ったが、2失点というのはGKにとって決して満足できるものではない。「僕のミッションは失点をしないところだった。日本が上に行くためには、僕自身もっと成長しないといけないと感じさせる試合でした」。権田はそう振り返った。

 先制ゴールのシーンは26分。カウンターの流れからトルクメニスタンの7番、アルスラン・アマノフがミドルシュートを放つと、無回転のボールは不規則に変化。権田はなんとか指先で触れたが弾き出すことはできなかった。

「あのボール自体、変化が大きい」ようだが、「それは練習でもわかっていたことですし、それにしっかり対応しきれなかった」と言い訳はできない。DFの寄せが甘かったという見方もあるが、「僕はシンプルに、枠に来たシュートを止めるのが仕事ですし、距離がある中でやられてしまったことは自分のミス」と猛省した。

 この失点は今後の試合へも影響を及ぼすかもしれない。「これからの相手は『あっ、あのGKはここから打てば可能性あるぞ』と打ってくる可能性もある。そういうのを自ら招いた」。それでも権田は、「一回やられて、もう一回やられたら、それこそ何も成長は無い。次やられないように、しっかりと準備したいと思います」と気持ちを切り替え、前を向いた。

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

横浜FM
67pt
FC東京
64pt
鹿島アントラーズ
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
84pt
横浜FC
79pt
大宮
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
66pt
群馬
60pt
藤枝
60pt
Jリーグ順位をもっと見る