FOLLOW US

森保監督、苦しみながらの勝利に「初戦特有の難しい試合になった」

日本代表を率いる森保監督 [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップUAE2019のグループステージ第1節が9日に行われ、日本代表はトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で勝利を収めた。

 森保一監督は試合後の記者会見で、「大会の初戦は難しいものになると思っていました。厳しい戦いになるということはチームで共有して、今日のトルクメニスタン戦に挑みました。本当に初戦特有の難しい試合になったと思います。まずは勝ったことが今日の試合で良かったことだと思います」と振り返った一方、「内容的には攻守ともにすべて上げていかないといけない。次の試合の課題として進んでいきたいと思います」と反省を口にした。

 森保体制となって初めて相手にリードを許して前半を折り返したが、「もう一度、切り替えの部分あったりとか、球際のバトルのところとか、そういう予測をするところ、等々のベースの部分」をハーフタイムに確認したという。「相手がブロックを作って引いて試合を進めてきている中で、我々は先制点を献上して、難しい状況になったところで背後への動き出しをもう少し入れていこうと選手たちに伝えました」と明かした。

 試合の入り方については、「まずはコンディションの部分で、振り返ってみるとまだやるべきことがあったのかもしれないという反省はもう一度スタッフとして、監督としてっていきたいと思っています」とコメント。「暑さの部分は一度練習試合で16時(現地時間)から練習をして、公式練習でも16時からしていた。暑い中での試合になるということは経験できていて、準備はできていた」と暑さ対策はできていたことを強調したが、コンディション調整は難しかったことを認めた。

「コンディションのところでは国内組、海外組、そして合流がいつなのかという部分で個々に対応していった。最終的にチームとしてコンディションを合わせる部分で難しいところはあったと思います。そこはある程度、覚悟していた。コンディションが悪い中でも選手たちは最後に勝利をつかみ取ってくれたことは、今日の試合では良かったこと。コンディションは全体的に次の試合に向けて上げていきたいと思います」

 苦しみながらも白星発進となった日本代表は13日、グループステージ第2節でオマーン代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO