FOLLOW US

大迫勇也、2ゴールで勝利に導くも「反省点の多い試合をしてしまった」

2ゴールを挙げた大迫勇也 [写真]=Getty Images

 AFCアジアカップUAE2019のグループステージ第1節が9日に行われ、日本代表はトルクメニスタン代表と対戦し、3-2で逆転勝利を収めた。

 試合後、大迫勇也は、「もっとうまくできたと思いますし、応援してくれたサポーターの皆さんにもっともっといいプレーを見せることができれば良かったと思います」と振り返った。

 前半に先制点を許した状況で迎えたハーフタイムには、「綺麗にサッカーをしていては絶対に勝てないということはみんなで話し合いました。もっともっとゴールに向かうプレーを増やしていこうという声かけはしました」と明かした。

 2ゴールを挙げたことについては、「初戦で点が欲しいときに点を取ることができたのは、個人としてもいいことだと思います。次につながるプレーだった」とコメント。次戦に向けては、「今日こういう反省点の多い試合をしてしまったので、次はしっかりと気持ちのこもったプレーをすることが大事だと思います。まずはしっかりリカバリーして次の試合に準備したいなと思います」と意気込みを語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA