FOLLOW US

“10番”背負う乾貴士が日本代表に合流!「戻りたいという思いはすごくあった」

日本代表に合流した乾貴士

 日本代表は6日、9日に迫ったAFCアジアカップUAE2019の初戦に向けて調整を行った。

 中島翔哉の負傷離脱に伴い追加招集となった乾貴士も今日から合流。今大会では背番号10をつける。「ずっとチームで練習はしていたので、コンディションは問題ないと思います。あとは大会に向けてどれだけいいコンディションでやれるのか。自分のいいところを出して、チームの役に立てるように頑張りたいですし、みんなで優勝を勝ち取りたい」と2大会ぶりのアジア制覇に向けて意気込みを語った。

 ロシアワールドカップでは鮮烈な2得点を挙げ、日本代表をけん引したが、森保一監督体制では今回が初招集となる。森保ジャパンの印象については「すごく楽しそうにやっていたので羨ましく思っていたし、戻りたいという思いはすごくあった」とコメント。「こういう形で招集されましたけど、チャンスだと思っています。ただ一番はチームのためにやること。チームが勝つこと」とチームファーストを強調した。

 南野拓実や堂安律ら前線の顔ぶれはロシアワールドカップから変わりつつあるが「どの選手とやっても合わせていけるのが自分の特徴でもあるので、そういうところは出していければいいと思います」と自信をのぞかせた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA