2019.01.06

ドイツW杯のリベンジを果たすも…“オシムジャパン”は3連覇ならず【AFCアジアカップ2007】

[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 5日に開幕した「AFC アジアカップUAE 2019」。日本代表のグループステージ初戦(トルクメニスタン戦)を前に、過去の大会を振り返る全5回のシリーズ。第3回は、インドネシア、マレーシア、タイ、ベトナムの4カ国で共催された2007年大会をおさらいする。

 チームを率いたイビチャ・オシム監督は、ジェフ千葉時代の教え子、阿部勇樹、巻誠一郎らを招集。さらに、ヨーロッパで活躍していた中村俊輔と高原直泰らがメンバーに名を連ねた。迎えたグループステージ初戦は引き分けスタートとなるも、その後は2連勝を飾り首位通過。準々決勝ではドイツW杯で敗れたオーストラリア代表と対戦した。試合は69分に先制を許すも、高原直泰の大会4得点目で同点に追いつく。その後、PK戦に突入すると、川口能活がオーストラリアの1人目から2連続でストップ。対する日本は4人が成功し、勝利を収めた。しかし、サウジアラビアとの準決勝は2度のビハインドから追いつく粘りを見せるも、2-3で敗戦。大会3連覇を逃すと、3位決定戦では韓国代表にPK戦で敗れ、ベスト4で幕を閉じた。

写真=ゲッティイメージズ

メンバー一覧

※()内は大会当時の所属クラブ。

▼GK
1.川口能活(ジュビロ磐田)
18.楢崎正剛(名古屋グランパス)
23.川島永嗣(川崎フロンターレ)
▼DF
3.駒野友一(サンフレッチェ広島)
5.坪井慶介(浦和レッズ)
21.加地亮(ガンバ大阪)
22.中澤佑二(横浜F・マリノス)
▼MF
2.今野泰幸(FC東京)
6.阿部勇樹(浦和レッズ)
7.遠藤保仁(ガンバ大阪)
8.羽生直剛(ジェフ千葉)
9.山岸智(ジェフ千葉)
10.中村俊輔(セルティック/スコットランド)
13.鈴木啓太(浦和レッズ)
14.中村憲剛(川崎フロンターレ)
15.水野晃樹(ジェフ千葉)
24.橋本英郎(ガンバ大阪)
28.太田吉彰(ジュビロ磐田)
29.伊野波雅彦(FC東京)
▼FW
11.佐藤寿人(サンフレッチェ広島)
12.巻誠一郎(ジェフ千葉)
19.高原直泰(フランクフルト/ドイツ)
20.矢野貴章(アルビレックス新潟)

監督:イビチャ・オシム

基本フォーメーション

■グループステージ第1戦

日本 1-1 カタール

【得点者】
日本:高原(60分)
カタール:キンタナ(88分)

【スターティングメンバー】
川口;加地、中澤、阿部、今野;中村俊、中村憲(81分 橋本)鈴木、遠藤、山岸(74分 羽生);高原

■グループステージ第2戦

日本 3-1 UAE

【得点者】
日本:高原(22分、27分)、中村俊(PK/42分)
UAE:アルカス(66分)

【スターティングメンバー】
川口;加地、中澤、阿部、駒野;中村俊(71分 水野)、中村憲、鈴木(77分 今野)、遠藤;高原(66分 羽生)、巻

■グループステージ第3戦

日本 4-1 ベトナム

【得点者】
日本:巻(12分、59分)、遠藤(31分)、中村俊(52分)
ベトナム:OG(7分)

【スターティングメンバー】
川口;加地、中澤、阿部、駒野;中村俊(61分 羽生)、中村憲、鈴木、遠藤(68分 水野);高原、巻(68分 佐藤)

■準々決勝

日本 1-1(PK戦:4-3)オーストラリア

【得点者】
日本:高原(72分)
オーストラリア:アロイージ(69分)

【PK戦】
(上/先攻 オーストラリア、下/後攻 日本 ◯=成功/●=失敗)
▼1人目
キューウェル●
中村○
▼2人目
ニール●
遠藤○
▼3人目
ケーヒル○
駒野○
▼4人目
カール○
高原●
▼5人目
カーニー○
中澤○

【スターティングメンバー】
川口;加地(88分 今野)、中澤、阿部、駒野;中村俊、中村憲(115分 矢野)、鈴木、遠藤;高原、巻(102分 佐藤)

■準決勝

日本 2-3 サウジアラビア

【得点者】
日本:中澤(37分)、阿部(53分)
サウジアラビア:カフタニ(35分)、マーズ(47分、57分)

【スターティングメンバー】
川口;加地、中澤、阿部、駒野;中村俊、中村憲(87分 矢野)、鈴木、遠藤(75分 羽生);高原、巻(68分 佐藤)

■3位決定戦

日本 0-0(PK戦:5-6)韓国

【得点者】
なし

【PK戦】
(上/先攻 韓国、下/後攻 日本 ◯=成功/●=失敗)
▼1人目
チョ・ジェジン○
中村俊○
▼2人目
オ・ボムソク○
遠藤○
▼3人目
イ・グノ○
阿部○
▼4人目
イ・ホ○
駒野○
▼5人目
キム・ジンギュ○
中澤○
▼6人目
キム・チウ○
羽生●

【スターティングメンバー】
川口;加地、中澤、駒野、阿部;中村俊、中村憲(72分 羽生)、鈴木、遠藤、山岸(78分 佐藤);高原(115分 矢野)

最終結果一覧

◇優勝:イラク
◇準優勝:サウジアラビア
◇3位:韓国
◇4位:日本

◇MVP:ユニス・マフムード(イラク)
◇得点王:ユニス・マフムード(4得点/イラク)、ヤセル・アル・カフタニ (4得点/サウジアラビア)、高原直泰(4得点/日本)
◇フェアプレー賞:日本

日本代表 アジアカップの歴史のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る