2018.10.19

U-19日本代表主将の齊藤未月、同世代の活躍に刺激受け「必ずW杯出場権を」/AFC U-19選手権

齊藤未月
前日練習で明るい表情も見せた齊藤 [写真]=佐藤博之
サッカー総合情報サイト

 AFC U-19選手権インドネシア2018の開幕を控え、U-19日本代表が前日練習を実施。冒頭のみの公開となった練習後、選手たちが取材に応じた。

 主将を務める湘南ベルマーレ所属のMF齊藤未月は「チームの雰囲気はいいと思いますし、いい準備ができていると思います」と日本、マレーシアでの合宿を経てのチーム状態に自信を見せる。

 ウォームアップ部分のみの公開だったが、チームのいたるところから声が挙がるなど、明るい雰囲気もあった。「全体的に一人ひとり個性が強くて、自己主張が強い」と印象を話す。

 直近ではU-16日本代表がAFC U-16選手権を制覇。さらに一つ上の世代ではあるが冨安健洋がパナマ戦でA代表デビュー、さらに堂安律がウルグアイ戦でA代表としての初ゴールを決めるなど、近い年齢の選手たちが結果を出している。「安部(裕葵)ちゃんとか(石原)広教とそういう話はしました。同年代の選手が活躍していることが刺激」「(U-16は)ベルマーレのユースから選ばれて、試合にずっと絡んで優勝した選手(横川旦陽)もいますし、僕たちも続けたら」と意気込む。

 アジア制覇の前にまずはグループステージ突破、そしてベスト4進出でのU-20ワールドカップ出場権獲得が目標となる。初戦を前に「個人としてもチームとしても成長できる大会ですし、どう考えてもチャンスな大会なので、必ず出場権とって、優勝して、日本に帰って来年に備えたいと思います」と、力強く話している。

 U-19日本代表は19日に朝鮮民主主義人民共和国、22日にタイ、25日にイラクと対戦。上位2カ国が決勝トーナメントに進出し、準々決勝を突破すると来年ポーランドで開催されるU-20W杯出場権を獲得する。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る