2018.09.07

青山敏弘、チームの練習態度に満足「自然と集中してプレーできた」

青山敏弘
青山敏弘は取材に応じた(写真は9月4日に撮影) [写真]=兼村竜介
サッカー総合情報サイト

 6日午前3時頃に北海道胆振地方中東部で地震が発生したことにより、チリ代表戦が中止となった日本代表は、7日にトレーニングを行った。

 青山敏弘(サンフレッチェ広島)は練習後の取材に応じた。同選手は本日行われた練習雰囲気に満足していると語った。

 トレーニングについてコメントを求められると、「一番試合が練習になると思います」と返答。さらに「もちろん今日も札幌で試合をしたかったですけど、今日はみんなとコミュニケーションが取れて良い練習になったと思います」と前向きな姿勢を見せた。

 次に、初戦がこのような形になってしまい、今日の紅白戦はどのように臨んだか問われると、「大変な時に札幌の皆さんが集まってくださり、見られる立場ですし、その中で何かを伝えられればな」とサッカーを通じて想いを届けることを意識していたという。

 また、それに加えて「テンポの上がった、良い練習ができました。歩いている選手は一人もいなかったですし、自然と集中してできた。気持ちを保った練習ができ、その気持ちを持ったままプレーできました」と選手らのメンタリティーについてもコメントを残した。

 サッカー的観点から本日行われトレーニングはどうだったか問われると、「コミュニケーションを取りたかったですし、このように11対11をやればやるほどわかっていきます」と述べた。

Jリーグ順位表

川崎F
63pt
サンフレッチェ広島
56pt
鹿島アントラーズ
52pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
63pt
鹿児島
54pt
沼津
48pt
Jリーグ順位をもっと見る