2018.07.26

日本代表の新監督は森保一氏に決定! 広島時代にJ1優勝3回の実績

森保
日本代表を率いることになった森保一監督
サッカー総合情報サイト

 日本サッカー協会は26日、日本代表の新指揮官に森保一氏が就任することを発表した。ワールドカップに参加し、大会直後に日本人監督が指揮をとるのは初である。

 2012年にサンフレッチェ広島の監督に就任し、日本人元Jリーガーの監督としては初めて、日本人新人1年目監督としては松木安太郎氏以来2人目となるJ1優勝達成。翌2013年には史上4人目となるJ1連覇を果たした。2ステージ制が復活した2015年には再びチームをリーグ制覇へ導き、2017年7月4日に広島の監督を辞任した。

 2017年10月、東京オリンピックに臨むU-23日本代表監督に就任した。さらに2018年4月には、当時日本代表指揮官だったヴァイッド・ハリルホジッチ監督の電撃解任に伴い、西野朗新監督をサポートする形でコーチとして新体制に入閣。2018 FIFAワールドカップ ロシアでベスト16進出に貢献した。

 重ねて、東京オリンピックに臨むU-23日本代表監督との兼任も発表され、1998年から2002年まで指揮をとっていたフィリップ・トルシエ氏以来の監督人事となる。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
17pt
FC東京
17pt
大分
15pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
19pt
山形
18pt
大宮
17pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る