2018.07.03

悪夢の逆転負けでベスト8届かず…川島永嗣「後悔を挙げればキリがない」

川島永嗣
W杯11試合連続のフル出場を果たしたGK川島永嗣 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は2日、2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦し、2-3の逆転負けで惜しくも初のベスト8入りを逃した。

 2点先行しながら悪夢の逆転負けを喫し、GK川島永嗣は試合終了直後、「正直、なにも浮かばなかった」と頭が真っ白になった。「2-0からああいう形で負けるのは、W杯の舞台の中でも非常に受け入れるのが難しい敗戦だと思う」

 川島自身は好セーブも見せたが、惜しい敗戦だっただけに「後悔を挙げればキリがない」。それでも、FIFAランキング3位の強豪ベルギーを相手に戦い抜いた。「本当に悔しいけど、自分たちの特徴を出して戦えたことは、誇れるものだと思うし、胸を張って日本に帰ろうと思う」。

 またもベスト16の壁を超えることはできなかったが、「ここまで自分たちが来た道のりは、2010年のベスト16とは違うし、より希望の見えるベスト16だったと思う」と前向きに大会を総括した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る