2018.07.03

本田圭佑、W杯は「これが最後」…4年後は「ちょっと考えられない」

本田圭佑
日本代表はベルギー代表に逆転負けを喫した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 本田圭佑のワールドカップ優勝への挑戦が終わった。

 日本代表は2日に2018 FIFAワールドカップ ロシア決勝トーナメント1回戦でベルギー代表と対戦。2点を先行したものの逆転負けを喫し、ベスト16で大会を去ることとなった。

 途中出場した本田は、あと一歩のところで勝利を逃した試合を振り返り「これが現実」と一言。そして、4年後のカタール大会は「考えられない」と明言した。

「僕自身にとって、ワールドカップはこれが最後になる。4年後はちょっと考えられないですね。自分のためだけのワールドカップにするなら出れる可能性はあるんですけど(笑)。そういうことじゃないと思っているので。やっぱり日本代表が大きく前に進んでいかないといけないです」

 ただ、この発言は今大会限りでの日本代表引退を意味するものではない。自身の今後については「ちょっと整理したいです。次のワールドカップに出ないなっていうのはここで言ってもいいくらいはっきりしてるかなと思います。でも、じゃあ自分が現役をどう続けていくのかとか、サッカーに今後どう携わっていくのかっていう、そこは整理したいです。ここで中途半端に発言できないかなと思います」と述べるにとどまった。

 これまで一貫して「ワールドカップ優勝」という目標を掲げてきた本田は、自身3度目の大会に向けてチームメイトの前で決意表明をしていたという。

「6月13日の誕生日をみんなに祝ってもらって、そのときにちょっとだけ喋らせてもらったんです。『このワールドカップが終わった後に自分の人生が終わるとしたら、どういう決断をしていくか。どれくらいの覚悟で取り組んでいくか』っていうことをみんなに話させてもらって、可能な限りそれをやったつもりです」

 なぜなら本田にとってワールドカップは、子どもの頃から目指していた最も重要な舞台だからだ。「究極論、プロになるのもヨーロッパで活躍するのも、僕はワールドカップのためにやってきたんです。このために、本当に僕は、ワールドカップのためにやってきたんですよ」。そう言った本田は「人生終わっちゃうんでね、設定としては」と冗談めかして笑ってみせたが、それだけの強い想いで臨んできた大会に別れを告げるということは、間違いなく彼にとって人生の節目となるだろう。

 それでも後悔はない。「僕の実力を出し切ったっていう意味では悔いはない。優勝を目指して、それが果たせなかったということに関しては、この意志を次の若手に引き継いでもらいたいです。誰になんと言われようと『優勝』と言い続けるヤツが次の代表を引っ張っていくんだろうなって思いますし、僕はそれにふさわしいヤツを今回のワールドカップで何人か見つけているんで、頑張ってほしいですね」。4年後に向けて、本田圭佑の意思を継ぐ選手たちの台頭に期待したい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る