2018.07.03

長友佑都は逆転負けに悔しさも「全て出せたので、胸張って帰ります」

長友佑都は晴れやか表情で「全て出せた」と [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018 FIFAワールドカップ ロシア・決勝トーナメント1回戦でベルギーと対戦した日本は原口元気、乾貴士の連続ゴールで2点のリードを奪った。しかし、2失点を喫しリードを守れず、アディショナルタイムに勝ち越しを許し逆転負け。悲願のベスト8進出は果たせなかった。

 試合後のインタビューで、日本の選手たちは涙を滲ませていた。それでも、長友佑都は晴れやかな表情で「悔しいですけど、自分たちの全てが出せたので悔いはないです」と語った。

 さらに、「強い相手に2点リードしましたけど、最終的に3点獲られているので。自分たちの力不足だと思います。でも、全て出せたので、胸張って帰ります」と話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る