2018.07.02

【スカサカ!ライブ】いざベルギー戦へ! 識者3人がベルギー攻略法を大胆予想

サッカー総合情報サイト

 2018FIFAワールドカップロシアにおいて、日本代表は1勝1分1敗という成績でグループステージを終了。セネガルと勝ち点、得失点差、得点数などで完全に並んだが、イエローカードの枚数などで換算されるフェアプレーポイントで2ポイントの差をつけ、辛くも2位で決勝トーナメント進出を果たした。

 ラウンド16の相手は優勝候補にも挙げられる強豪ベルギー。この強敵との試合に、日本はどう挑めばいいのか。番組MCを務める岩政大樹(東京ユナイテッドFC)と、スタジオゲストだった都並敏史氏、小澤一郎氏が語り合った。

 3人は日本のフォーメーションを、グループステージ1戦目、2戦目と同じ4-2-3-1と予想。先発もこの2試合と同じ顔触れになると考えた。グループステージの3試合の相手はいずれも4バックだったが、ベルギーは今大会初めて、3バックの相手になる可能性が高い。岩政は3バックに対する前線からのプレスのかけ方について、このように予想した。

「(日本が)4-2-3-1で始めたとしても、相手が4バックなら(大迫勇也、香川真司が)2トップ気味に横並びでプレスにいきましたけど、(3バックなら)例えば香川選手を縦関係にして(乾貴士、大迫、原口元気の)3枚をぶつけることも考えるのかなという気がします」

 都並氏はこの意見を受け、同じやり方が通用しない可能性を示唆した。

「今は外へのパスコースを消すようなディフェンスが前線からうまくやれているから、いい形で前に行けています。それを3バックにはめ込もうとすると、少し微調整が必要になる。それが吉と出るかは分からないですね」

 都並氏が言う「微調整」についての具体案を小澤氏が提言した。

「最初は香川と大迫の2枚で前線のフィルターを今までどおりかけておいて、相手の左センターバックから中央への横パスが発生した時に、中間ポジションを取っている乾選手が出て行って、その後方の長友佑都選手が縦へのスライドを起こすというのが、選手の特性からしたらいいのかなとは思います」

 小澤氏は一方で、その瞬間の守備の難しさも解説した。ベルギーはロメル・ルカクが1トップで、2シャドーにエデン・アザールとドリース・メルテンス、アクセル・ヴィツェルとケヴィン・デ・ブライネがダブルボランチという布陣が一般的で、日本の長谷部誠、柴崎岳のダブルボランチはアザール、メルテンス、ヴィツェル、デ・ブライネの4人をケアしなければならなくなってしまう。

「(日本の)ボランチ2人がシャドーの2人を見なければいけないので、それに引っ張られた時のデ・ブライネが怖いですよね。彼がフリーになると怖いので、香川にある程度見させたいなというのは正直あります」

 日本から見たアタッキングサードからミドルサードの攻防においては、トップ下に入ると予想される香川の動きがカギを握ることになりそうだ。

 一方、ディフェンスサードでの守備においてはルカクへの対応と、陣形をいかにコンパクトに保てるかがカギを握るというのが3人の見解で、都並氏は懸念点についてこう語った。

「最初にルカクが(ゴールに向かって)走るじゃないですか。それでDFラインが下がると、シャドーやボランチへのプレスが緩くなるよね。昌子源たちのラインと長谷部たちのラインをギューっと詰めるような守備をしない限り、スカスカで相手が浮いているという状況が起き得るよね」

 岩政もこの点は気になるようで、「システムのかみ合わせが悪い」と言いつつ、困難な守備対応を予想した。

「距離が開いて、さらに4・4・2っていう3列になると、ボランチが単純に縦関係で2人を見なければならない状況になります。ここで(相手のボランチ)2人がズレながら間を使ってくるというのは、当然相手は狙ってくるでしょう。質が相当高いですから、ここの守備もこれまでほどはうまくいかなくなるのかなというのは、想定としてはありますよね」

 日本の攻撃については、岩政は「(ベルギーが)それほど前からはめに来る形には見えないので、日本もある程度はボールを握れる」と予想。都並氏は「中盤で前を向けたら、同サイドのサイドバックの選手が勇気を持って追い越していってほしい。変に遠慮すると、相手に捕まりやすくなってしまう」と語り、思い切りのよい攻撃を仕掛けることが必要だと説いた。また、都並氏はベルギーについて、攻撃に比べて守備面に弱さがある点を指摘した。

「絶対にDFラインの間はボールが通るので、裏を狙ってクロスを上げる、シュートを打つっていうフィニッシュに繋げたい。1回1回の攻撃をフィニッシュで終わるようにすれば、相手にもダメージを与えられるんじゃないかなと思います。また、最終ラインをブロックする中盤のディフェンスが一番大事なんですが、(ベルギーは)ここが緩い。デ・ブライネは守備の選手じゃないし、ヴィツェルも頑張るけど、ボールを取られる傾向があるので、十分にその間は通る。こことDFラインで一対一の勝負になればチャンスがあります」

 最後に、岩政から「ベルギー戦での日本代表に期待すること」を聞かれて、まずは小澤氏がこう答えた。

「1戦目、2戦目でやったようなことを、自信を持ってやったらいけるのかなと。攻撃で言うと、(相手の左ウイングバックの)ヤニック・フェレイラ・カラスコの裏を突きたいなというのは思っていて、その意味では柴崎選手からの配球を、今までは右寄りの位置でピックアップして左サイドの乾選手に通していたんですけど、長谷部選手との位置を変えながら、柴崎選手から酒井宏樹選手というのもアリかなとは思っています。あとは、実際イングランドがやっていたんですけど、センターバックのデドリック・ボヤタが相手のセンターフォワードにマンマーク気味にガツンと行くので、その時に大迫選手がフリックで香川選手に流すというイメージも持ってほしいです。今までの連携も含めて、うまく2人組の関係を作りながらはがしていってほしいですね」

 都並氏の期待することは「川島(永嗣)のスーパーセーブ3回」。「批判を受けて、自分に何が必要かを考えて、原点に戻って声を出すようになった。怖い顔が戻って来た。もう大丈夫。これは頼りになります」と期待を寄せた。また、柴崎に対しても「展開力、守備力は素晴らしいけど、忘れちゃいけないのは点を取れるということ。点を取る能力をまだ出してないですよ。こういう相手に対してスッと2列目に出て行く。これは効きますよ。点を取ってほしい」とエールを送った。

 毎週金曜日21時から放送されている『スカサカ!ライブ』。次回は7月6日(金)21時からの放送で、日本代表特集やJリーグキャンプ情報などをお届けする予定となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る