2018.06.29

田嶋会長は西野監督の判断を尊重「予選突破が1番の目的だった」

西野朗
西野監督のもと、決勝トーナメント進出を果たした日本代表 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表に0-1で敗れた。それでも同時刻開催の試合でセネガル代表がコロンビア代表に0-1で敗れたことで、日本は勝ち点、得失点差、総得点で並ぶセネガルをフェアプレーポイントで上回ったため、2位での決勝トーナメント進出を決めた。

 試合後の取材に応じた日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、「今回は予選を突破することが1番の目的だった」と話し、終盤にパス回しで時間を使ったことについても「逆にああいうサッカーができるようになったのはすごいことだなと思います」とポジティブに捉えた。

 他会場の試合でセネガルが1点を取っていた場合、日本はグループステージ敗退を余儀なくされていた。それでも田嶋会長は「逆に慌てていくことによって0-2にされるほうがリスクがあったわけですよね。そういう意味ではこの選択をしたのは正解だった」と西野朗監督の判断を肯定。「仮に攻めていて(追加点を取られたら)、『あぁ、玉砕した。でもよく戦った』なんて、みなさん言わないでしょ? ここは2位でも1位でも絶対通過するんだっていうことを、チームが本当に一致した考えで通したっていうのは本当に成熟したと思います」と理解を求めた。

 また、大事な一戦で先発メンバーを大幅に入れ替えたことについても、「僕だったら6人替えたかって言われたら替えられないですよ、そんな度胸ないですから。それを西野さんは思い切ってやった」と称賛した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
ヘルタ・ベルリン
10pt
バイエルン
9pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
サッスオーロ
10pt
SPAL
9pt
欧州順位をもっと見る