FOLLOW US

終盤のパス回しにブーイングも…長谷部誠「これが勝負の世界なので」

長谷部誠がポーランド戦を振り返った [写真]=Getty Images

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表に0-1で敗れた。それでも同時刻開催の試合でセネガル代表がコロンビア代表に0-1で敗れたことで、日本は勝ち点、得失点差、総得点で並ぶセネガルをフェアプレーポイントで上回ったため、2位での決勝トーナメント進出を決めた。

 日本は1点ビハインドの試合終盤、他会場の結果を知った上で、パス回しで時計の針を進める作戦に出た。この判断に会場からはブーイングが飛んだが、MF長谷部誠は、「もちろん最後は他会場の結果も情報を入れながら、最後は少し、見てくださっている方々にはもどかしいゲームになってしまったけど、これが勝負の世界なので」とあくまで結果にこだわったことを強調。

「次に行けるという結果を得たのはすごく大きいですし、ベスト16の戦いに向けてしっかりやりたいです」と前を向いた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA