2018.06.29

「最初の目標は突破」…長友佑都、終盤の展開には「難しい状況だった」

長友佑都
3試合連続フル出場した長友 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 28日に2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が行われ、日本代表はポーランド代表と対戦し、0-1で敗れた。それでも同時刻開催の試合でセネガル代表がコロンビア代表に0-1で敗れたことで、日本は勝ち点、得失点差、総得点で並ぶセネガルをフェアプレーポイントで上回ったため、2位での決勝トーナメント進出を決めた。

 3試合連続フル出場したDF長友佑都は、「自分たちの最初の目標だった決勝トーナメント進出という目標を達成できて嬉しく思います。結果的に最後の試合は負けてしまったけど、目標はまずは決勝トーナメントに行くこと。チーム一丸となって最後まで戦って、最終的に進出できてよかった」と試合を振り返った。

 同時刻開催のセネガル代表対コロンビア代表戦でコロンビアがリードを得たことで、1-0の敗戦でも突破が決まる状況に。これにより、日本はボールを回して時計の針を進める作戦を選択した。

 この作戦については「なかなか難しい状況で、サポーターの皆さんももしかしたら、見苦しい試合になったかもしれない。けど、最終的に僕たちの目標は突破することだったので、とにかく嬉しく思います」と話した。

 次戦、ラウンド16で対戦するのは、グループGで突破を決めているイングランド代表かベルギー代表となる。長友は「次戦うのはもちろん世界の強豪で、僕たちより強いということは間違いない。とにかく一致団結して、日本らしいサッカーを泥臭く戦いたいです」と意気込みを語った。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る