FOLLOW US

3戦目の敵はポーランドと暑さだけではない!? 気になる虫は…

試合前日のヴォルゴグラード・アリーナ。現時点で虫の大群は見当たらない

 日本は28日にグループステージ第3戦でポーランドと戦う。会場となるヴォルゴグラードは40度近い猛暑が続いているが、敵は暑さだけではない。目や鼻にまで入ってくるような小さな虫も厄介な存在だ。

 18日に行われたチュニジア対イングランドで、選手の顔にまとわりつく大量の虫が話題になっていた。今大会のために新設されたヴォルゴグラード・アリーナのそばにはヴォルガ川が流れており、この季節に「ユスリカ」という蚊に似た虫が大量発生するのは珍しいことではないという。

チュニジア代表

虫の大群に選手も虫除けスプレーをかける始末 [写真]=Getty Images

 日本も虫除け対策が必要になるのではないか、と懸念されていたが、いざ会場に来てみると虫はほとんど飛んでいない。一部の報道にあったように、ヘリコプターで殺虫剤を散布したおかげか、それともバニラの濃縮液を吹き付けたおかげか……。真相のほどは分からないが、今のところ虫の存在はそれほど気にならない。練習後のDF昌子源(鹿島アントラーズ)は「もっと虫おるんかと思っていた」と笑う。私も警戒して長袖を着てきたというのに、ただただ暑いだけだった。

 この様子なら選手も観客も試合に集中できるだろう。ポーランド戦は日本にとって決勝トーナメント進出が懸かる大一番。このまま試合終了まで虫が大量発生しないことを願っている。

取材・文=高尾太恵子

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA