2018.06.19

運命のセネガル戦放送の日テレ、歴代ユニや選手全身パネルを展示した“ビクトリースクエア”を期間限定オープン

サッカー総合情報サイト

 ロシア・ワールドカップ グループH第2戦の日本代表対セネガル代表を放送する日本テレビは、日本の勝利を祈念して、急遽汐留・日テレタワーに“勝負の第2戦!ビクトリースクエア”を期間限定オープンした。

 床面積113平方メートルを超える広い人工芝と実物のゴールで、興奮のピッチを再現したこのスクエアには、日本代表がこれまで出場した過去5大会の激闘を振り返る“日本代表の軌跡パネル”や、香川真司や大迫勇也など監督・選手たちの全身パネルを展示されている。

 さらに、引退を表明した2006年ドイツ大会の中田英寿や、無回転FKを突き刺しベスト16進出を決めた2010年南アフリカ大会の本田圭佑手など、過去のW杯で選手が試合で着用した貴重なユニフォームも展示されている。

 ビクトリースクエアの入場は無料。日本代表対セネガルは日本テレビ系で6月24日夜10時放送予定。

イベント名:勝負の第2戦!ビクトリースクエア
開催期間・時間:6月18日(月)~6月22日(金)10:00-18:00
開催場所:汐留・日テレタワー2階ロビースペース

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る