2018.06.09

GK川島永嗣、“崩されていない”失点に危機感「真剣に向き合っていかないと」

川島永嗣
スイス戦フル出場のGK川島永嗣 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表は8日に国際親善試合でスイス代表と対戦し、0-2で敗れた。フル出場したGK川島永嗣は守備の課題について「崩されていない形から失点する部分は、真剣に向き合っていかないといけない」と危機感を語った。

 日本は42分に2試合連続となるPKから先制点を奪われた。川島は「1点目のところは我慢しないといけないと思うし、自分たちの我慢強さも必要だと思う」と悔み、「(先制されたとき)もう1度自分たちが前に出ていく力も必要だと思う」とコメント。しかし、82分にはCKのカウンターから追加点を奪われ、完封負けを喫した。

 5月30日のガーナ戦は3バックの新布陣だったが、スイス戦ではこれまでの4バックで臨んだ。川島は「守備の面に関しては、プレッシャーをかけに行けるところは行けていたと思うので、いい感触はあった」と手応えを語り、「普通に自分たちがそろっているときは、ほとんど崩される形は作られていない」と自信を見せた。

 ただ、ガーナ戦では直接FKとPKで得点を許し、スイス戦でもPKとカウンターから失点。守備態勢が整っている場面で失点していないかもしれないが、2試合連続の2失点となり、「崩されていないような形から失点してしまう部分は真剣に向き合っていかないといけない」と危機感を募らせる。「2失点目もそうだけど、後半の最後のシーンを含めて、取られ方が悪くなったときに、後ろは締めていかないといけない。勝負のところで自分たちがもうちょっと締めるところはしっかり締めていかないといけない」。

 これでワールドカップイヤーに入って4戦未勝利(1分3敗)。19日に迎える2018 FIFAワールドカップ ロシアの初戦まで、テストマッチは12日のパラグアイ戦のみとなったが、川島は「この状況のなかで今一番自分たちに大切なのは結果だと思う」と勝利を誓った。「どんなに議論して、いろんなことを話し合っても、結果が出なければ意味がない。残り1試合しかないけど、本当の意味での手応えは結果でしか得られないと思うし、そこを追求していかなければいけない」。

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る